生活習慣病のレベル

生活習慣病は近年非常に多くの人が苦しめられている病気の一つとなっています。
厚生労働省では生活習慣病の予防を呼びかけ、インターネットサイトでも生活習慣病については非常に大きく扱っています。

その中に生活習慣病をレベル別に表示した「生活習慣病のイメージ」という図があります。
レベル1からレベル5まで表示されており生活習慣病が悪化するといかに恐ろしいことが待っているのかがすぐにわかるようになっています。
レベル1は不規則な食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスとなっています。
意外と自分はレベル1かもしれないと思った人もいるのではないでしょうか。
レベル2は肥満、高血糖、高血圧、高脂血、レベル3は肥満症、糖尿病、高血圧症、高脂血症となっています。
メタボリックシンドロームはレベル2、3の部分に相当します。

レベル4、5については病院での人工透析や要介護状態、最悪の場合死亡となっており、非常に深刻な段階を指します。

生活習慣病とは無縁と考えている私たちもレベル1の状態にいる可能性もあります。
まずはレベル1の状態から健康な状態になることが大切です。