メタボの診断基準

自分はもしかしらたメタボリックシンドロームではないのかと心配になる人もいるのではないでしょうか。
わざわざ病院に行って自分がメタボかどうか調べなければいけないのと思う人もいると思いますが、簡単に診断することができます。
厚生労働省のメタボの診断基準というホームページにも載っていますが、簡単なチェック項目で自分がメタボかどうかを調べることができます。

その診断基準というのは腹囲、中性脂肪、HDLコレステロール、血圧、空腹時血糖値です。
腹囲は男性であれば85cm以上、女性であれば90cm以上がメタボの基準になります。
中性脂肪は150mg/dL以上、HDLコレステロールは40mg/dL未満。
最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上、空腹時血糖値が110mg/dL以上が基準となっています。

これらの項目のうち一つでも基準を満たしているものがあれば、メタボの疑いがあるので注意が必要です。
自分がメタボ予備軍なのかということを知っておくとういことが治療の第一歩になります。
少しでも心配な人は簡単な診断基準を使って調べてみてください。