子どももメタボになるのでしょうか?最近の傾向

メタボリックシンドロームというと中年の男性がかかるというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
確かに、中年になると代謝が下がり、メタボになりやすくなるというのは事実です。
しかし、子どもでもメタボになることはあるのです。

昔は食生活がきちんとしていたということもあり、子どものメタボというのはあまり多くはありませんでした。
しかし、最近ではファストフード、スナック菓子などを食べる子どもが多くなり、それが原因でメタボになる子どもが多くなってきています。
子どものメタボは食生活がきちんとしていないということが原因です。
つまり、親が子どもに食生活をきちんと教え込まなければならないのです。
昔は朝食を摂るのが当たり前という時代でしたが、現在は朝食を摂らない家庭が増えてきています。
朝食を摂らないことはメタボの原因となりますし、午前中に頭が働かないため学力も下がってしまうのです。

朝食を基本とした食生活をきちんと正すことが子どものメタボを防ぐ方法なのです。