メタボとはどんなもの?

メタボという言葉を最近は良く耳にするようになり、太っている人をメタボと呼んでいる人もいると思います。
メタボとはメタボリックシンドロームの略語であり、日本語にすると代謝症候群となります。

一般的には内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態のことをメタボリックシンドロームと呼んでいます。
つまり、外見が太っているように見えるから必ずしもメタボという訳ではありませんし、逆に太っていないように見えてもメタボであるという可能性もあるのです。
日本人の三大死因はがん、脳卒中、心臓病と言われていますが、脳卒中と心臓病は動脈硬化が原因で引き起こされる場合がほとんどです。
そして、動脈硬化は高血圧、高血糖、肥満などのメタボの諸症状から引き起こされるのです。
メタボになるとそれだけ病気にかかって志望する確率も大きくなってしまうということになります。

歳をとるとどうしても代謝は落ちてしまうものですが、規則正しい生活を心がけることがメタボ予防への第一歩なのです。