メタボが危険な理由

近年メタボという言葉を非常に多く聞くようになってきました。
生活習慣、食生活の悪化からメタボになる人が増えてきているという事実もあります。
メタボというのはただ太っている人を指すのではなく、高血糖、高血圧、脂質異常症などが内臓脂肪型肥満と同時に合併している状態のことを言います。
太っているだけなら問題ないとメタボを甘く見ている人もいるとは思いますが、メタボを放っておくと非常に危険なのです。

まず、メタボの人は循環器系の病気に非常にかかりやすくなります。
歳をとることで動脈硬化も同時に起き、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが非常に大きくなります。
メタボによって引き起こされる病気は動脈硬化などの危険因子に大きく依存しています。
例えば危険因子が0の人に比べると危険因子が3の人というのは病気の発症率は約30倍にもなってしまうのです。
これは非常に怖い数字ですね。
メタボはただ太っている病気というわけではなく、命に関わる非常に怖い病気であるということをしっかりと認識しておく必要があります。